Speculations about windows / 窓についての憶測 (2020)

例えば、その日すれ違っただけの人や毎日顔を合わせている人、隣に住む住人、駅前のコンビニの店員や、駅で肩のぶつかったサラリーマン、職場の同僚や部下、上司。

それぞれの事情を抱え、それぞれの人生を生きる彼らについて、私たちはどの程度理解しているのだろうか。毎日顔をあわせ、知り尽くしていると思っている人の事でさえ、私が彼の「内面」として判断し「真実」として確信した(つもりで)いる情報は、窓から漏れる光ほどの量にすぎないのかもしれない。

人が生活し、そのプライベートを包み込む「家屋」というものの中で、最も外部と近く接しているにもかかわらずガラス一枚によって中の情報を遮断している「窓」この作品では、そこから得られる限られた情報による憶測(推測)から、その不完全性、不確実性を問うことを試みている。

写真には短い一文が添えられているが、周囲の情報が削ぎ落とされた窓の写真一枚に対して、それは恐らく、なんの信憑性も持ちはしないだろう。日常において私たちが他者や物事を判断するとき、そこには本当に、判断するに足る情報が存在するのだろうか。手にした情報を、私たちはどれだけ信用し、どれだけ疑えばいいのだろう。

 


 

For example, the people we just passed by that day, the people we see every day, the residents who live next to us, the clerks at the convenience store in front of the train station, the office worker we bumped shoulders with, workplace colleagues, subordinates, and superiors.

How much do we understand about these people, who each face their own circumstances and live their lives? Even with somebody who I see everyday and believe to know thoroughly, the information that I (expect to) firmly believe to be the “truth” by judging that person’s “inner workings” could be nothing more than the light that seeps in through the window.

Even though “windows” are in the closest contact with the outside among the things inside “houses” that enclose the private lives of the people who live inside them, they cut off the information inside through a layer of glass.

This pieces attempts to present the incompleteness and unreliability of the speculations (inferences) based on the limited information obtained through windows. A short sentence is presented with the photo but it likely has no credibility regarding a single photo of a window in which the surrounding information has been scraped off.

When we judge others and things in daily life, is there really enough information to make a judgment? Regarding the information we obtain, how much should we trust or doubt?

 

ヴァンダイク・ブラウン・プリント / 金調色
14×17inch(フレームサイズ)

2020年 Art On Paper Vol3  紙の美術 其の三 : 北井画廊